色んな面を見て専門学校に通う利点を知る

SUB MENU

公務員志望なら専門業者に決まり!

現在高校3年生の方は、専門学校か短大進学か大学進学か悩んでいると思います。それぞれにメリット、デメリットが存在します。今回は、専門学校を中心に3種類の学校に通う際のメリット、デメリットを紹介します。まず専門学校のメリットは、何と言っても自分の目指している仕事に直接役に立つ授業が受けられるところです。学生時代から仕事に関する勉強をしておくことで、就職した際にすぐ即戦力で働くことができます。そのため、就職活動にとても有利に働くのです。また、同じ志を持った学生と勉強を共にするため、クラスメイトと友達になりやすいメリットもあります。
デメリットはやはり専門分野を学習するので、一度専門学校に入ると他の就職の道には変えることができない事です。これは「この職業しかない」という強い志がある方には関係がないでしょう。また、授業時間が決まっているので大学のような時間の自由がきかないデメリットもありますが、これは自分が怠けることがなく学校が尻をたたいてくれているというメリットにも取れます。
大学の場合、多くの知識を学べるのと時間の自由がきくメリットと、時間が自由すぎる分怠けてしまうデメリットがあります。短大の場合、大学と比べて少ない年数で卒業できるのと人数が少ないメリット、大学4年間の勉強を2年で行うので忙しいデメリットがあります。進学サイトでは色々な学校を比較できるので、一度自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか。

専門学校の通学のメリットとデメリットを紹介

公務員の待遇はとても良いです。週休二日制の徹底、高給料その他諸々の高待遇はとても魅力的に感じる職業です。魅力はそれだけでなく、町村役場、市役所、県庁職員や警察、消防士など様々ある公務員の職種はいずれも地元の役に立てる仕事です。様々な理由で公務員を志望する方がおられると思いますが、公務員の勉強は専門業者が良いのです。
元々公務員の試験は高校卒業程度の初級、短期大学や専門学校卒業程度の中級、大学卒業見込みの上級に分かれており、当然初級が一番難易度が低いです。そして1次試験の筆記と2次試験の面接に分かれています。初級でも1次試験合格に1年間、平均7時間の勉強時間を要します。合格率も低く、1次試験だけでも大体10%程度です。2次試験の合格率は、受ける試験によって異なります。そんな公務員試験ですが、専門学校では1次試験の教科ごとに、試験の出題傾向を把握した講師陣が徹底して分かりやすく教えてくれます。勿論面接試験の指導もしてくれます。合格率は10%と書きましたが、専門学校に通っている学生は合格率が上がります。
専門学校では、普通の学校のように全日制も有れば「働きながら公務員試験に臨みたい」と考える方のための夜間制もあります。自分のスタイルに合った勉強方法を選択できます。そして、進学サイトを使用するとあなたのお住まいの地域の専門学校を一目で見つけられるのです。公務員志望者は一度参考にしてみてはいかがでしょう。

TOP