専門的な仕事は専門学校で学ぶと良い

SUB MENU

看護師として早く入職できて実技的な技術が身に付く

看護師になるためには大学に行き4年間学ぶか、専門学校に3年間行くかという選択肢があります。進学サイトを拝見しても、大学と専門学校それぞれたくさんの資料が出てくると思います。専門学校のメリットは大きく3つあります。まず初めに大学よりも1年を早く社会人になれると言うことです。大学生よりも早く社会に出るため、同い年であっても1つ上の先輩として病院では扱われるでしょう。それに1年間先にお給料ももらえるため、22~3歳の時には大学生の同い年の子と生活水準の差も出ると思います。
2つ目に、専門学校は即戦力として技術を重点的に教えるため、大学卒の人よりも一般的に技術が高いと言えるでしょう。大学卒の方は看護過程の構成力や看護研究は得意であるが、採血などの技術面はやや落ちると言われています。看護師として臨床で、習得した看護技術を存分に発揮したいのであれば専門学校がお勧めです。
最後に多くの専門学校は附属病院がセットとなっているため、そのまま入職することが容易であるといえます。もちろん採用試験はあるところが多いと思いますが、それでもやはり外部から入るよりも就職しやすいのではないでしょうか。それに知り合いも多いため入植してからも継続して働きやすいのではないかと思います。これらの事を踏まえると現場でバリバリ活躍して働く看護師になりたいのであれば専門学校がお勧めです。

高学歴じゃなくても平気!編集&ライターを目指すなら専門学校

「出版社」と聞くと皆さんどんなイメージを持ちますか?小説やマンガ、キャラクターコンテンツなどが好きな人にとっては、現場の最先端として憧れの業界だと思います。しかし、出版不況と言われて久しいですが、現実は四年制大学の新卒枠の倍率は相当高いです。難関大学や有名私立大学を卒業しても、正社員として新卒採用される人数はごくごく僅かです。しかし、「学歴に自信はないけれど、出版社の夢を諦めたくない!」というガッツのある人におすすめなのが、専門学校です。
実は出版社は、中途採用としてアルバイトや業務委託社員を募集しているところが多くあります。そんな選考のなかで、専門学校で実践的なスキルを積み、即戦力として現場の編集部で動ける若い人材はとても重宝されます。ライター、編集者育成コースのある専門学校は数多くあり、月~金まで毎日通うタイプや、転職を考える社会人向けの夜間コースや土曜日のみの集中コースなど様々です。
どの専門学校が自分に向いているか、進学サイトでよく調べたうえで、説明会や体験授業に参加してみましょう。出版業界は、大変なことも多いですが「売れる本を作れば正義!」という一面もあります。どんな高学歴の正社員でも、売れる本を作れなければ編集者失格です。ぜひ、専門学校でスキルとセンスを磨いて、ヒットを生みだす編集者を目指してください。

TOP